コスタ行橋内にある整骨院。行橋市、小倉南区、京都郡からもご来院いただいています。腰痛や肩こり、頭痛、産後骨盤矯正やダイエット、楽トレ、交通事故によるお悩みまで。

電話する大野城院に発信 電話する春日本院に発信

ボタンをタップすると発信します。

ゆたか整骨院ゆたか整骨院 ご予約・お問い合わせはこちら

ブログ
Blog

2018年09月07日

O脚について

こんにちは!


行橋市のコスタにある獅子丸整骨院です!!

ホームページをご覧頂きありがとうございます!

獅子丸整骨院では怪我の早期回復、再発しない根本治療に力を入れてます!

 

今回は「O脚について」お伝えします。

O脚は大半は女性の悩みで多い症状です。

O脚になると足が綺麗に見えなかったり、太ももが太くなったり、お尻が垂れたりと色々な見た目の悪さにでます。

しかし、見た目だけでなく、痛みにも関わってきたりします。

O脚だと膝が痛くなったり、腰痛の原因になったり、

将来、変形性膝関節症になりやすくなります。

O脚は見た目だけでなく痛みの原因になっていることはご存知でしょうか??

 

 

まず、O脚はどんな感じに見えるかといいますと、膝の内側がくっついていません!

ただ、膝の内側がくっついていないだけですが、女性はかなり気にしている部分の1つです。

なぜなら、膝がまっすぐでないと足が綺麗に見えないので、足を隠すような服を選ぼうとします。

それで、服を選ぶのが限られてしまいます。

そのことで、おしゃれを諦めている女性は少なくはありません。

ですが、O脚は治ります!!

まずは、ちゃんとした原因を知ることです!!

今回は、原因についてお話していきます。

 

 

 

 

まず、O脚になる原因は2つあります。

1つ目は骨盤の歪みです。

骨盤が前傾(前に傾く事)し、大腿骨(太ももの骨)が内旋(内側にねじる)している状態です。

また、膝蓋骨(膝のお皿骨)が内側を向いている状態です。

このように、骨盤が歪めば下半身の骨に影響を及ぼします。

O脚じゃない人で、立った状態や足を伸ばして座った状態で膝蓋骨が内側に向いていたら、O脚になる可能性があります。

また、骨盤が前傾しているだけで、見た目や痛みにも関わってきます。

骨盤が前傾している方は腰痛に悩まされたり、見た目では、ポッコリお腹やお尻が垂れたり、便秘になりやすかったりします。

今回は、O脚についてですので、また他の時にでも骨盤の前傾について詳しく書いていきます。

 

 

2つ目は、筋力低下です。

筋力低下しているところは、お腹の奥にある腸腰筋とお尻の奥にある外旋筋群というところです。

O脚だから、内側の筋肉を鍛えれば治ると思われている方が多いですが、実際は、内側の筋肉も大事ですが、外の筋肉が一番大事になります。

 

 

 

腸腰筋は骨盤や背骨を姿勢よく正してくれる筋肉や足を上げる際、大変重要な筋肉です。

この筋肉が低下すれば、骨盤や背骨を支えるのが難しくなり、体が前に傾きやすくなります。

また、腸腰筋が弱い方は、何もない所でつまずいたり、小股歩きになってきます。

 

 

 

外旋筋群ですが、お尻の奥にある筋肉で、大腿骨を外旋(外側にねじる)させる筋肉です。

この筋肉が弱いと大腿骨が内側の筋肉の作用により内旋してしまいます。

また、外旋筋群が弱い方は、お尻が垂れたり、太ももが太く見えたりします。

 

 

 

 

このように、骨盤の歪みや筋力低下でO脚になってしまいますが、

O脚でない方でも同じような事が起こっている方はたくさんおられます。

O脚の方やO脚でない方も同じような状態であれば、

将来、変形性膝関節症になる恐れがあります。

変形性膝関節症になれば、常に膝の痛みと向き合わないといけなかったり、

ひどくなれば、膝が曲がりづらくなり、最悪の場合は手術になったります。

こうならない為にも、O脚や骨盤の歪みは治したほうがいいです。

 

 

獅子丸整骨院では、そんな症状でお悩みの方が多く来られていますが、みなさんO脚や骨盤の歪みが治って喜んで卒業されています。

そんな方々を1人でも多く治していきたいと思っております。

 

 

 

 

今回は、O脚の事から、骨盤の歪みについてお伝えしましたが、骨盤の歪みは様々あります。

また、他の時にでも骨盤の歪みについて詳しく書いていきます。

姿勢を見てもらいたい、O脚を治したい、骨盤の歪みを治したいなど、体に不調がある方は、

一度、行橋市コスタにある獅子丸整骨院までご相談ください!!

 

 

 
ブログ一覧を見る
採用情報はこちら