コスタ行橋内にある整骨院。行橋市、小倉南区、京都郡からもご来院いただいています。腰痛や肩こり、頭痛、産後骨盤矯正やダイエット、楽トレ、交通事故によるお悩みまで。

電話する大野城院に発信 電話する春日本院に発信

ボタンをタップすると発信します。

ゆたか整骨院ゆたか整骨院 ご予約・お問い合わせはこちら

ブログ
Blog

2018年09月14日

足首の捻挫について

こんにちは!


行橋市のコスタにある獅子丸整骨院です!!

ホームページをご覧頂きありがとうございます!

獅子丸整骨院では怪我の早期回復、再発しない根本治療に力を入れてます!

 

 

 

今回は、足首の捻挫についてです。

足首の捻挫は簡単に言うと足を捻った事です。

スポーツをしている方に多いですが、スポーツをしてなくても、

段差でつまずいて足首を捻ったや階段を下りている時に踏み外して捻ったや

女性ではヒールを履いていて捻ったなど様々です。

足首の捻挫は大半の人が1度は経験した事があると思います。

足首の捻挫をした時、何もしないで放置する方が多いですので、

捻挫をした時の、家で出来る処置を書いていこうと思います。

 

 

捻挫をした時にRICE(ライス)処置を行ってください。

RICE処置とはR・I・C・Eと1つ1つ意味があります。

 

 

 

R・・・・Rest(安静)

捻挫を起こした直後は、痛みで動けないことがありますが、動けても安静にしてください。

怪我をしてすぐに身体が勝手に回復しようとする作用が働きだします。

無理に動けば、その回復をしようとする作用が遅れてしまうので、治るのに時間がかかります。

 

 

 

I・・・・Ice(アイシング)

アイシングとは、簡単に言うと冷やす事です。

捻挫を起こした直後は、炎症反応という熱を持ち始めます。

この、炎症が痛みに直結してますので、冷やす事で痛みの軽減にもなります。

また、冷やす事で腫れをひかせることにもなるので、しっかりと冷やしてください。

アイシング目安は、10~20分ぐらい行ってください。

これを、最低3日間は行ってください。

 

 

 

C・・・・Compression(圧迫)

圧迫を行うと腫れを抑えることができるので、圧迫を行うといいです。

しかし、圧迫をどう行えばいいかというと、一番は包帯やテーピングで固定するのがいいです。

包帯やテーピングは1人で行うのは、難しいと思うので、できれば整骨院や病院で行ってもらったほうがいいです。

 

 

 

E・・・・Elevation(挙上)

挙上とは、簡単に言うと捻挫した足首を心臓より高く上げることです。

心臓より高く上げる事により、腫れを抑えます。

 

 

 

RICE処置は、特にひどい捻挫をした時などは必ず行ってください。

また、ひどくなくても最低アイシングだけはした方がいいです。

また、足首の捻挫をした時には、早めの治療をオススメします。

自然と治るのを待てば、できる事が出来なかったりと、日常生活に不便な事が

ありますので、できる限り早めの治療をして早く治す事がいいです。

 

 

 

獅子丸整骨院では、そんな症状でお悩みの方が多く来られていますが、みなさん足首の捻挫が治って喜んで卒業されています。

そんな方々を1人でも多く治していきたいと思っております。

 

 

 

 

足首の捻挫や足首の痛みなど痛みがある方は、

一度、行橋市コスタにある獅子丸整骨院までご相談ください。

 

 
ブログ一覧を見る
採用情報はこちら