コスタ行橋内にある整骨院。行橋市、小倉南区、京都郡からもご来院いただいています。腰痛や肩こり、頭痛、産後骨盤矯正やダイエット、楽トレ、交通事故によるお悩みまで。

電話する大野城院に発信 電話する春日本院に発信

ボタンをタップすると発信します。

ゆたか整骨院ゆたか整骨院 ご予約・お問い合わせはこちら

ブログ
Blog

2018年09月05日

膝の痛みについて

こんにちは!

行橋市のコスタにある獅子丸整骨院です!!

ホームページをご覧頂きありがとうございます!

獅子丸整骨院では怪我の早期回復、再発しない根本治療に力を入れてます!

 

 

今回は、「膝の痛み」についてお話していきます!

膝の痛みは、学生から高齢者まで年齢関係なく怪我をする事の多いところです。

また、膝の痛みの原因や症状は様々です。

例えば、学生であればスポーツをしていて、使い過ぎや過度の運動によりオスグッドやジャンパー膝などを発症したり、

高齢者では、変形性膝関節症といった関節の変形での痛みになったりします。

まだ、色々な原因や症状はありますが、

今回は「オスグッドやジャンパー膝」など学生に起きる膝の痛みについて書いていきます。

 

 

 

 

 

 

まず、学生に一番多いオスグッドです。

正式名所では、オスグッド・シュラッター病といいます。

獅子丸整骨院では、スポーツをしている学生で来られる患者様が多く、特にサッカー・陸上・バスケットボールなど、よく走るスポーツに多く見受けられます。

オスグッドは、10代前半に多く膝のお皿の下辺りにある脛骨粗面という場所に痛みが出たり、突起物みたに骨が出てきたりします。

脛骨粗面は18歳頃までは、完全な骨になりきれていないのでそこに付着する大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)収縮が繰り返し引っ張る事により、

負担となり痛みとして出現します。

日頃からストレッチをしていなければ、柔軟性のない硬い筋肉になり、さらに負担をかけることになります。

もし、痛みが出た場合は、運動後のアイシングとストレッチを必ずするようにしてください。

運動前のウォーミングアップが少なければ、また大腿四頭筋が硬くなりやすいので、運動前のウォーミングアップも十分に行ってください。

サポーターやテーピングで痛みの軽減もできます。

また、オスグッドは18歳頃までは、再発を繰り返しますが、ちゃんとした治療やケアをしていけば、再発を防ぐ事もできます。

 

 

 

 

 

次にジャンパー膝です。

ジャンパー膝は名前の通りジャンプを繰り返すスポーツに多く見受けられます。

膝のお皿の下辺りに、痛みを生じオスグッドとは少し違う場所での痛みを訴えます。

急な加速や減速、ジャンプ、着地などのスポーツ動作の繰り返しにより、膝が過度に伸ばされて靭帯の炎症を起こします。

なので、バスケットボールやバレーボールなどのジャンプをよくするスポーツに多く発症します。

もし、痛めた場合は、安静にし、アイシングとストレッチを十分に行うようにしてください。

また、痛みが軽減してきた場合は大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)やハムストリングス(太ももの後ろの筋肉)の筋力強化も必要となります。

オスグッドと同様、サポーターやテーピングで痛みの軽減もできます。

 

 

 

 

 

 

 

こういった、学生での膝の痛みはまだまだたくさんあります。

よく成長痛などと片付ける親や学生が多いですが、実際は悪くなる前兆かしれません。

早めの治療をすることにより悪化して治療するよりも早く治る事のほうが多いです。

ほったらかしにして、痛みがひどくなってからの治療だと時間もかかり練習も休まないといけないなど、悪循環になりかねません。

なので、痛みが出てすぐや、違和感を感じたら早めの治療をオススメします。

獅子丸整骨院では、スポーツ障害に特化した最新の医療機器やスポーツトレーナーもいます。

試合当日の朝にテーピングを行ったり、日程が合えばトレーナー活動も行っていますので、気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 
ブログ一覧を見る
採用情報はこちら