コスタ行橋内にある整骨院。行橋市、小倉南区、京都郡からもご来院いただいています。腰痛や肩こり、頭痛、産後骨盤矯正やダイエット、楽トレ、交通事故によるお悩みまで。

電話する大野城院に発信 電話する春日本院に発信

ボタンをタップすると発信します。

ゆたか整骨院ゆたか整骨院 ご予約・お問い合わせはこちら

ブログ
Blog

2018年10月16日

第二の心臓

こんにちは!

行橋市のコスタにある獅子丸整骨院です!!

ホームページをご覧頂きありがとうございます!

獅子丸整骨院では怪我の早期回復、再発しない根本治療に力を入れてます!

 

 

 

今回は「第二の心臓」について書いていきます。

まず、第二の心臓という事を聞いたことがありますか??

第二の心臓と呼ばれている身体の部位は、「ふくらはぎ」です!!

なら、なぜふくらはぎが第二の心臓と呼ばれているか知ってますか??

今回は、ふくらはぎがなぜ第二の心臓と呼ばれているかをお伝えできたらと思います。

 

 

 

心臓は、全身に血液を流すポンプの役割をしています。

血液は、動脈を流れて身体の隅々までにいき、

隅々までいったら今度は、静脈に入り老廃物や二酸化炭素を

心臓や肺に運びます。

心臓は、ポンプですので血液を送る時は、重力などでいきわたりますが、

この血液が戻る時には、そのままの勢いで戻る事ができません。

なぜなら、重力が邪魔をして戻りにくいからです。

なので、血液を心臓に戻す時には、心臓の近くは戻りやすいですが、

下半身は、重力の影響で戻りにくいので、筋肉が補助の役割をして

血液を心臓に戻すのです。

なので、ふくらはぎの筋肉は血液を心臓に戻すための

補助の役割をするので、第二の心臓と呼ばれているのです。

 

 

 

 

 

では、このふくらはぎが機能をしないとどういう事になるのでしょうか。

それは、むくみ・冷え症の原因になるのです!!

 

 

 

なぜ、むくみ・冷え症になるのかというと・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、長くなるので次回に書いていきますね!!

 

 

 
ブログ一覧を見る
採用情報はこちら